asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと日常で気になったことを発信する雑記ブログ

最も好きで美しい。海の写真集 厳選2選!

f:id:asagikun:20190613201345j:plain

 私は海が大好きである。小さな頃はよく磯遊びをしていた。その頃は水泳を習っていたが、海に行くと底が見えない恐怖で、浅瀬だけで遊んでいたものだ。いつからか海で泳げるようになり、波乗りやダイビング、素潜りにはまっていった。そんな私がおススメする、写真集。眠る前に見ると心が和むこと、間違いなしですよ!

 

1.悠久沖縄 2001年のBLUE  舘石昭作品集

 1ページ目からマンタの躍動感溢れる作品で、海の青色が何とも美しくて、それがまたマンタなどの主役を引き立てている。サザナミフグは私が大好きなフグで飼育していた事もあるが、体の模様とつぶらな瞳がとっても綺麗で、そこを強調している作品である。写真から何を伝えたいのかが、わかるから嬉しい。モンハナシャコは、暗い海の色をバックに艶やかで、とてつもなくインパクトがある!沖縄の素敵な所ばかりを、これでもかとギューッとつめた一冊。おススメです!あなたも沖縄の海に行きたくなることでしょう。

 

2.Dolphin「フレンドリー・ドルフィンと水の記憶」水口博也

 全ページイルカの写真であり、イルカがまるで笑っているかのように見えるショットも。イルカには名前があり、背中の傷や背びれを目印に探せのは、見ていて愛着が沸く。本当にこの人はイルカを愛して撮っているんだなと、どの写真を見ても思うのだ。この写真集の中で私がお気に入りなのは、前半のページの写真の数々だ。静と動がはっきりと見られて、静の写真はなぜかホッとする。そう、安心感があるのだ。そして、最後のダイバーとイルカとの一枚。これはシルエットが映し出されていて、とっても素敵だなと思う。イルカと人とが、心が通じ合っているように思える写真だ。このダイバーが羨ましくて仕方ない。

 イルカ好きには、たまらない一冊。一枚の写真をじっくりといつの間にか見てしまうほど、魅了されますよ。ぜひ癒しの一冊として購入することをおススメします。

 

まとめ

 海の中の世界と、そこで暮らす生き物たち。身近に置いておいて、ふとした時に手に取りたくなります。イライラした時や、今日一日が上手くいかなかった時には、何だか心が穏やかになるのです。そして海になかなか行けない時に見ると、やっぱり海っていいなとか、早く行きたいなとか、海に行ってあの生き物に出逢いたいなどと、想像が膨らむのです。それだけで幸せになる私がいます。そんな幸せな気持ちにさせてくれる二冊、あなたも手に取ってみてはいかがでしょうか。絶対損はしませんよ。