asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと日常で気になったことを発信する雑記ブログ

可愛らしい猫が、たくさん出てくる絵本。厳選3選!

f:id:asagikun:20190617065113j:plain

 猫って小さい頃は、身近な存在でしょうか。猫を飼っていたり、ペットショップに良く立ち寄ったり、野良猫を良く見かける人は身近なのかもしれません。皆さんは、地域猫をご存知ですか?これ以上野良猫が増えないように避妊して、耳に手術しましたよというマークをつけ、地域で守ったりする自治体もあります。

 絵本でも、猫は登場します。ブレーメンの音楽隊の猫が、私は印象的でした。そして私は猫派です。キジトラが特に好きなのです。お子さんが猫に興味を持ったら、ぜひ読んでほしいです。

 

1.ちいさなねこ  石井桃子 作    横内襄 絵

 猫の走る様は、足の運びなどがとてもリアルに描かれていて、好きなワンシーンです。猫の表情はとっても優しくて毛並みはふんわりと柔らかいのが、読書に伝わってきます。

 猫にとって、外は危険がいっぱいです。こねこは、なおさらです。こねこはとても怖がります。そんな中、お母さん猫は果たしてこねこを無事、見つけることができるのでしょうか。ハラハラドキドキする事間違いなし!しかし、最後の絵はホッとしますよ。

 

2.こどものとも   ころころにゃーん   長新太 作

 ピンク一色の絵本は、とても珍しくて斬新です。それでいてどこか暖かな、そんな一冊です。

 丸いころころがあるなと思ったら、そこにちょこんとかわいい耳が生えてきます。発想が本当に面白いです。

 やがてお母さん猫と赤ちゃん猫、み〜んなくっついてねんね。何だか幸せそうな雰囲気です。これは、子供達が大好きな大好きな絵本。惹かれるものがあるのでしょうね。

 

3.ねこがいっぱい  グレース・スカール 作 

 色々な模様をした猫が、ページをめくる度に現れます。あなたやお子さんは、どの猫がすきですか?ほっそりとしていたり、大きい猫だったり。色々な猫が描かれています。

 猫好きにはたまらない、可愛らしい猫の絵が描いてある絵本。あたたかみが伝わってきますよ。

 

まとめ

 よく「にゃんにゃんがいい」と、猫の絵本を読んでと子供に催促される絵本をご紹介しました。いかがでしょうか。読んであげたいと思ってくれる方が一人でもいてくれたら、本当に嬉しいです。猫はかわいいだけではなく爪もあるので、危ない事も頃合いを見て伝えていく必要があるかと思います。それら全部をひっくるめても、私は猫が大好きでたまりません。猫のかわいさやふんわりした感じが、絵本を通して伝われば良いなと考えます。