asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと日常で気になったことを発信する雑記ブログ

1歳児のお子さんをもつ方に読んでほしい。絵本厳選3冊。

f:id:asagikun:20190626135851j:plain

  1歳児が喜ぶ絵本を、ぜひ読み聞かせしてほしいと思い、選びました。いづれの絵本も素敵で好きなのですが、私が最もおススメしたい絵本は、一番目にご紹介する絵本です。ぜひ、読んで楽しんでください。

 

1.がたんごとん がたんごとん  安永水丸 作

 「のせてくださーい」赤ちゃんとの関わりが深い哺乳瓶やスプーンなどや、動物が順番に汽車に乗せてもらいます。汽車にもお顔が描かれていてでもずっと無表情なのですが、優しい感じが伝わってきます。不思議です。

 「がたんごとん がたんごとん」という、心地よいリズムが繰り返されていて、安心感を与えてくれます。繰り返しが楽しくて、段々と言葉を覚えて真似をするかもしれません。乗り物にも興味が出てくる時期。ぜひ、読んであげてほしい可愛らしい作品です。

 

2.くつくつあるけ  林明子 作

  リアルなくつの絵ですが、やわらかさがあって親しみが湧きます。全ページ、同じ色使いなのも、何だかホッとしますね。

 くつがぱたぱたと、散歩に出かけます。くつのつま先を、とんとんしてみたくもなりますし、ジャンプだってしてみたくもなります。読み手は、くつを履いた嬉しさだとか、気分がうきうきするのを思い出します。散歩にでたら、危ない事もあります。散歩から帰ったら。くつはどうするのでしょう?知りたくありませんか?

 歩けるようになって、くつが身近な物になりますね。そんな時期にぜひ、読んではいかがですか。おススメです。

 また、個人的に私は林明子さんの絵本が好きです。あたたかい絵と、読者に伝えたい事がわかりやすいのです。読んでいると、気持ちもポカポカとあたたかくなってきます。他の作品も、おススメですよ。

 

3.こどものとも 0.1.2  あっちみて こっちみて

  数本の線や円だけで、描いています。段々と人らしくなってきます。そして動きも出てきて、最後には感情まで読み取れます。子供って、こういうシンプルでわかりやすい絵に惹かれる子が、たくさんいます。魅力的なんでしょうね。

 一度お子さんに、読んでみてはいかがでしょうか。はまってしまうかもしれませんよ。

 

まとめ

  どれも、赤ちゃんや1歳児の子供が大好きな絵本です。大人も好きな方が多いのではないでしょうか。色調が落ち着いていたり、繰り返しのある絵本は子供が安心して読むことができます。繰り返しが楽しかったりするので、優しく語りかけてください。コミュニケーションが広がって、喜んでくれると思いますよ。