asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと日常で気になったことを発信する雑記ブログ

頑張っている人を、応援したくなる!心がポカポカする小説。厳選3冊

f:id:asagikun:20190629165335j:plain

1.つばさものがたり  雫井脩介

 とにかく泣けました。そしてファンタジーに溢れていてこんな世界があっても良いなと思えた、涙なしには読めない一冊。心がポカポカとあたたかくなります。大きな決断をして、ケーキ屋さんになった主人公。美味しいケーキを次々と考案し、それもかなりレベルが高いケーキなのです。それなのに、ケーキ屋を出店しても上手くいかないのは、一体なぜなのでしょうか?!思い悩んでいるそんな時に、不思議な事を言う男の子に出会います。耳を傾けていくうちに、違う世界が開けていきます。

 ついつい主人公に「本当の事を打ち明ければ良いのに。なぜ一人で背負いこんでしまうの?助けを求めたっていいのよ。」と思ってしまいます。著者が描く天使の世界は、かなり素敵でした。私の思い描く天使の世界や他の作者の世界観とは違っていて、想像力を掻き立てられました。最後、どうなるのか知りたくありませんか。

 私は雫井さんの「火の粉」などが好きです。この作品とは真逆の作風で、ファンタジーも素晴らしいのを書かれるのかと、益々ファンになりました。雫井さんのファンタジー、必見です。

 

2.上流階級  高殿円

 外商って聞いた事は、ありますか?聞いた事はあるけれど、よく知らないという方はいるのではないでしょうか。私はまさしく、そうでした。あなたは、どんな世界なのか覗いてみたくはありませんか?煌びやかな世界ですよ。羨ましいです。

 主人公の鮫島静緒は、製菓学校を卒業しました。その後、百貨店の契約社員として働いていました。そんな時に生菓子販売の世界に興味を持ち、足を踏み入れます。この事が、販売員として百貨店での実践をかわれて、見事に契約社員から正社員となりました。仕事の面白さを感じていきます。少しだけ自信がついた頃、外商部に配属されます。外商のお客様は、個性豊かな方ばかり。口うるさかったり、注文が並大抵ではありません。それを面白く描いているのが、高殿さんの上手さです。お客様の先手を取って痒いところに手が届かないと、やってはいけないお仕事です。この外商という仕事は、信頼関係で成り立っているのです。

 仕事の先輩で尊敬する羽鳥さんとの出会いや、奇妙な同居生活を送ることになってしまった桝家修平を知ることにより、考え方が変わっていきます。元旦那などが出てきたりと笑いあり、涙ありでかなり楽しめますよ。

 あなたも、違う世界を覗いてみませんか。続編もかなり読み応えあります。一気読みできますよ。

 

3.ライオンハート  恩田陸

 輪廻転生の、エドワードとエリザベスの魂の物語。時空を越えて巡り合うラブストーリーは、なんて素敵なのでしょうか。読んで正解だったというのが、始めに思った感想です。巡り合う場所は、フロリダだったりロンドンだったりと、てんでばらばら。生まれ変わると、年齢もばらつきがあります。散々年数をかけて相手を探すのに、それなのに会えるのはほんの一瞬しかないなんて、あなたは耐えられますか?生まれ変わってお互いを探し合うのに、相手は姿や年齢すらわからない中で、本当に会った時にわかるのかしら?と読み手もかなりドキドキしてしまいます。

 恩田陸さんのミステリーも好きですが、ラブストーリーは珍しくてロマンチックでとても切なかったです。

 輪廻転生ものの中でも、最高です。お好きな方はぜひ、おススメ作品です。時空を超えた気分になりますよ。

 

まとめ

 私の大好きな3作品をご紹介しました。どれも泣けます、感動します。全く違う世界の物語ですが、主人公を応援したくもなりますし、あったかい気持ちになれるのです。心がなんだか疲れた時に読む事を、おススメします。