asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと日常で気になったことを発信する雑記ブログ

親子で読んでほしい深〜い絵本。しろくまちゃんシリーズ、厳選2冊。

f:id:asagikun:20190704071712j:plain

 わかやまけん さんの絵本の、しろくまちゃんシリーズです。こぐまちゃんも出てきて、やりとりをします。そこには、しろくまちゃんの心の変化が。おススメです。

 

1.しろくまちゃんのほっとけーき

 表紙から、大きくて美味しそうなほっとけーきが、目に飛び込んできます。ほっとけーきは8枚も重なっていて、湯気がたっています。いかにもホカホカしていて美味しそうで、よだれが垂れてきそうです。

 エプロンをつけているしろくまちゃん、かわいいです。

 冷蔵庫のあるイラストは、しろくまちゃんの右耳が、卵なのか右耳なのかと疑問に思う方が多いようです。一体どっちなの?下の段の白い物が二つ並んでいるのは、卵のように見えます。それと大きさを見比べるとずいぶんと違うので、あれって思った事で一緒に何だろうね?と考えるのも、楽しいかもしれません。

 この絵本は、リズム感があって読みやすいですし、子どもも言葉が入っていくようです。数回読み聞かせをしていると、「ぽたあん  どろどろ、、、」と一緒に言い始める子どもがいます。その子どもの表情が、すごく楽しそうなんです。あ、かわいいなーなんて、思います。

 お料理ってこうやって出来るんだと、わかります。お料理して大きなほっとけーきが出来上がりました。それをお皿にうつして、お友達と一緒に食べ美味しいと言ってもらえたしろくまちゃん。きちんと洗い物までして、終わりになります。お料理を始める所から、最後洗い物まで一連の流れが書いてあります。

 これもまた、表情が全く変わらないしろくまちゃんたち。でも、ほっとけーきを親と一緒に作って、大きなほっとけーきが上手にできて、お友達と一緒に食べる楽しさや、お友達に美味しいと言ってもらえた事。表情はなくても、感情が伝わってきます。自分で考えて何か感じとって、と作者が言っているのかなと思います。だから、あえて無表情なのかなと。

 これを読んだら、間違いなくほっとけーきが食べたくなりますよ。読んだあと、親子で一緒に作るのもよいかも楽しそうですね。おままごとをするのも、盛り上がる事間違いなし!おススメです。

 

2.しろくまちゃん ぱんかいに

 9種類でしょうか、パンが表紙にたくさん描かれていて、思わずどのパンが食べたいかなーと選んでしまいます。

 お母さんとおつかいに行きます。手紙をポストに入れたり、車に気をつけながら八百屋さんやパン屋さんに行きます。これを読むと、お母さんやお父さんと一緒に買い物に行った時を、思い浮かべるのではないでしょうか。

 ページが進むと買い物袋に食べ物が入って、買い物をした事がわかります。嬉しいですよね。そして、何でも買ってもらえるわけではありません。誰もが経験しているのではないでしょうか。買ってほしかったけど、買ってもらえなかった気持ち。もやもやの気持ちのまま、帰り道。すべり台を滑って、お母さんが気持ちを汲んでくれたようです。最後は買い物袋から、買ったものを広げて今から夕食の支度のシーン。

 何げない生活の1シーンですが、しろくまちゃんの気持ちの変化や、しろくまちゃんとしろくまちゃんのお母さんとの信頼関係、絆があるからこそなんだなと思いました。

 

まとめ

 うーん。かわいいだけではなくて、深〜い絵本だと思います。ですから、わかやまけん さんの絵本は好きなんです。思わず頷きながら読んでいる、そんな自分がいます。お子さんに言葉では上手く伝わらないこと、絵本を使って伝えるのも素敵かなと思っています。