asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと日常で気になったことを発信する雑記ブログ

美術に興味が湧く事間違いなし!新感覚。美術小説 原田マハ2選

f:id:asagikun:20190706062442j:plain

 美術に関する小説と言ったら、原田マハさん。私は本当に時々、興味がある展示があった時に美術館に行く程度ですが、絵は好きです。小説を読んでいて、その中で知っている絵が登場すると素直に嬉しいし、私は絵は好きだけれども、よく知らないんだなと思います。そしてもっと知りたいとも。知らない作品は調べてあぁこの人は、こういう絵についての考察をするんだと感心するし、絵の背景を垣間見れるので、面白いんです。そんな、絵に関する事がたくさん出てくる本だけでも興味が持てるので、美術館に行くのが楽しみになりますね。間違いなく、目が離せませんよ。

 

1.楽園のカンヴァス

 表紙はアンリ・ルソー 「夢」が目を惹きます。私は考えた事はありませんでしたが、この絵の女性が指を指しているのは、何だろうかと皆さんは疑問に思うのでしょうか。

 私はあのアルバイトは面白そう、ずっと絵が見れるからと、気になっていた美術館の監視員。そのお仕事をしている人の話です。しかし、主人公の早川織絵はただの監視員ではありませんでした。プロでした。

 ニューヨーク近代美術館のキュレーターのティム・ブラウンが、大邸宅に行った時に、ある絵を見て驚きます!なぜならそれは「夢」とそっくりなのですから。

これの真贋を見極めてもらいたいと言われます。作品の調査期限は七日間。ティムとバイラーの2人で競い合い、勝った方には本作の「後見人」として、取り扱い権利を譲渡しますというのです。

 さて、結果はいかに?あなたはこの結末を知りたくありませんか。山本周五郎賞受賞作。

 

2.モダン

 ニューヨーク近代美術館MoMAを舞台に、繰り広げられる様々な思い。モダンアートは、私は今まで興味を持たなかったのです。原田マハさんの本を読む事で見てみたいなと、もしかしたら興味が持てるかもと思った事が、この本を手に取った理由なんです。6編から成っていて、その最初の1編「中断された展覧会の記憶」をご紹介します。

  しょっぱなから、思い出したくもない東日本大震災の話です。その時に、美術品『クリスティーナの世界」アンドリュー・ワイエス作がふくしま近代美術館に貸し出されていました。

 主人公の杏子は、ボストンで生まれ育ちました。ニューヨーク近代美術館の展覧会ディレクターという役職です。そこの館長より、「クリスティーナの世界」を引き揚げるために、杏子がふくしま近代美術館に行く事になります。目に見えない危険な場所かもしれない中、行きました。

 「クリスティーナの世界」が大丈夫だったけれども、美術館の天井の一部が剥がれ落ちたり、展示していた陶器など一部に破損がありましたが、幸いにもけが人はいなかったとの事です。この様な状況下での、キュレーター(学芸員)の立場や気持ちもわかりました。一枚のラベルへの思いも、深いなと感じました。

 クリスティーナは、病のせいで足が不自由だけれども、常に前向きな彼女の生き方をされた事がわかりました。その絵の背景を知る事で、そういう前向きな姿を絵に現したかったのだと、わかります。絵を見る視点が変わってきます。

  真由ちゃんが「クリスティーナにいっぱいいっぱい、話したよ。」という場面が、そんな人もいるんだとびっくりしました。というのは、私は絵を見て語っただろうか?いや、感想はあったり、なにか胸から湧き上がるものがありますが、話した事はなかったなって。今度、話したい事があれば話してみようと思います。