asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと日常で気になったことを発信する雑記ブログ

「ちか100かいだてのいえ」不思議を知りたい!生き物への興味が湧く絵本。おススメ

f:id:asagikun:20190711141020j:plain

「ちか100かいだてのいえ   いわいとしお」を読んで。

 私が考える、この絵本のステキなポイント!

 

1.絵本の開き方が面白い

 まず、絵が可愛らしいです。縦開きをする、面白い絵本です。縦に開くと、かなり縦長になります。開くのはちょっと大変な子どもがいるかもしれません。でも、縦長のページは、上から下に向かって地下へと降りていくんです。地下が深い事がよくわかります。また、階段を指でたどったり目で追う楽しみもあります。地下を表現するなら、この縦開きが良い事が実感できます。作者はよく考えたなと、関心しました。ひらがななのも、小さな子どもが読めて嬉しいですね。

 

2.地下への興味がかきたてられる

 地下ってどうなってるのかな?って、皆さんは一度は考えたことがあるのではないでしょうか?「地下を覗いてみたい」という欲求を、満たしてくれる絵本です。ファンタジーにあふれています。

 地下を想像した時に、人それぞれ思い描く地下は10人10色かなと思います。この絵本の描いている地下は、私が考えた地下とはまた違っていて、そこが好奇心をかきたてられると考えます。

 

3.動物や昆虫がたくさん出てくる

 はしごや階段を、どんどん降りていきます。そのはしごなどの素材や形がまた違うのも、興味津々なる事間違いないでしょう。地下ではうさぎさんに会ったり、蝉さんやみみずさんなど、色々な昆虫や動物の生活を垣間見ることができるのも、面白い発見があるポイントとなります。

 

4.最後は?

 ここまで降り進んでいくと、最後の100階は一体どんなパーティーが開かれるの。どんな部屋なの?もう、早く知りたくて仕方なくなる子どもが出てくるのでは、ないでしょうか。

 1階ずつ、きちんと?読み進めて最後を楽しみにする子どももいるでしょう。反対に、先に100階を見てしまう子どももいるでしょう。どちらが正解で、どちらが間違いとかはないと思います。でも、私はやっぱり1階ずつ読みました。1ページをじっくり見て想像するのが好きなタイプなので、一日ではとても終わらなくて、数日かけてようやく100階にたどり着きました。私は楽しみを最後にとっておくタイプなんです。皆さんは、どうなんでしょう?

 

まとめ

 色んな楽しみ方がある絵本です。お子さんと一緒に読んで、ああだこうだと言うのも楽しそうです。また、大人が一人で読むのも楽しいですよ。子どもが夢中になれる絵本で、じっくり読めるし別の日に読むと、また前回とは違ったステキな所を見つけたり、生き物の生態を知るチャンスだと思います。この絵本を読んで、生き物への興味や、不思議な事を知りたいなという気持ちが持てれば、嬉しいと思いおススメします。