asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと日常で気になったことを発信する雑記ブログ

時計に興味を持ったなら!4〜5歳向け絵本は、このシリーズを。

f:id:asagikun:20190715072609j:plain

 時計に興味を持つ時期は、子どもによってまちまちです。親が、どうにか時計に興味を持ってほしいとあれこれしても、意外と持ってくれなくて残念になる事も!逆に、こちらが準備するより前に、先に子どもが興味を持ったりもします。

 興味を持った瞬間を、大切にしたいですよね。そんな時にご紹介したい絵本です。ぜひ、試してみてくださいね。

 

1.とけいのほん①   まついのりこ  作・絵

 お花の中が時計になっていて、時計の針には眠そうなお顔と笑ったお顔があります。その下の方にいるどんぐりぼうやが、とっても可愛らしい表紙。私が4歳の時に買ってもらった、思い出深い絵本なんです。この時計の針のお顔が印象的で、大人になっても覚えていました。大好きで、何度も読んでとせがんだほどです。

 この絵本は、非常にテンポが良いところが好きです。そういう絵本って、子どもの耳にず〜っと残るんですよね。「とおせんぼ とおせんぼ 今何時か教えてくれたら通してあげる」耳に残りませんか?つい、リズムをつけて読んでしまいます。

 お花にまず、数字を置いて時計を作ります。てっぺんは12...など、わかりやすく書かれていますよ。

 ページが進むにつれて、どんどん難しくなっていきます。1時間進むと時計はどうなるかなど、わかりやすいのではないでしょうか?

 何だか始めは頭が、こんがらかってしまうと思うんです。でも繰り返しみているうちに、いつか少しだけわかった!という時がきっときます。興味を持った時がチャンス!始めての時計の絵本に、いかがですか?おススメです。

 

2.とけいのほん②   まついのりこ  作

 とけいのほん ①の続きの絵本です。①で、もっと進みたいと思った人に、良いでしょう。

 表紙が夜になっていて、子どもの多くが大好きなおばけと星が、描かれています。①とは対照的で、これもまた素敵です。

 時計ののっぽの針とちびの針が、夜道をランプで照らしながら進みます。

  今度はおばけが、とおせんぼです。数字と数字の間にカードを並べます。カードは5個に区切られています。カードを並べる事で、1分がわかりやすくなりましたね。目で見て、非常にわかりやすい教え方だと思います。これにより17分などの細かい時間も、読めるようになっていくことでしょう。

 全体的に色が、綺麗な背景のブルーに白い時計とおばけ。そして、最後は金の時計です。数色しか使っていない所が、見せたい所をピンポイントで見せています。子どもは、ごちゃごちゃしてなくて優しい色使いなので、見やすい事間違いなしです!おススメです。

 

まとめ

 いかがでしたか?時計に興味を持つ前に、用意する事をオススメします。