asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと、猫や海水魚の事、日常で気になったことを発信する雑記ブログ

おばけといえば夏?ハロウィン?絵本厳選3冊!

 おばけや魔女、がいこつは小さな子どもたちにはどこか謎めいていて、「気になるけど怖いかも」と思っているのではないでしょうか。

 そんなおばけなどが出てくる、子どもたちが大好きな絵本を3冊ご紹介したいと思います。きっと何度も「読んでー。」「もう一回」と、せがまれますよ。

 

1.がたごと がたごと 文・内田麟太郎  絵・西村繁男

 文字のない絵で構成されています。絵が細やかなところまで描かれているので、じっくり楽しむこともできますよ。

 電車がホームに止まっている絵では、お土産のお菓子を選ぶ人やお喋りを楽しむ人。また、抱っこしながらお兄ちゃんの手をひくお母さん。

 電車がだんだんと都会から田舎に向かっていきます。着いた駅は、なんとおくやま駅。人は1人もいません。乗客はみーんな動物なんです。面白いですね。

 そしてまた出発すると、真っ赤な滝を通ります。着いた駅は、お化けだらけ。お化けが皆違うお化けなのも、興味が惹かれます。カッパがいたり、一つ目がいたり。

 見ているだけでも、ワクワクしてきます。過去に行ったり、昔に行ったりと素敵ですよ。

 おばけの話に花が咲く事、間違いなし!

 

2.しゃっくりげいこつ  作・マージェリー・カイラー 絵・S・D・シンドラー  訳・黒宮純子

 ヒック ヒックと、がいこつがしゃっくりをしながらお目覚めです。何をしていても、しゃっくりはとまりません。

 絵がユーモアにあふれていて、日本とはまた違った視点や絵だなと感じました。

 おばけとキャッチボールしたり砂糖を食べてみたり、逆立ちしても、しゃっくりはちっとも止まりませ!しかし、ある事をすると、やーっと止まったんです。

 さて、何をしたらしゃっくりが止まったのか、絵本を読んでのお楽しみに。笑いが起きる場面ですよ。

 

3.まじょまつりにいこう   せなけいこ

  ちぎった紙を貼り絵しているため、とても温かい感じが伝わってきます。

  うさぎが隣のねこを、遊びに誘います。しかし、山の魔女のお祭りに行くからと、断られてしまいます。

 うさぎも一緒に行きたくなりますが、ねこは招待されてるからよいけれども、うさぎはダメだと言われます。

 泣いてしまったうさぎを見て、変装させる事にしたねこたち。魔女のほうきに乗って、山へ行き、踊りを踊ります。

 フューッと風が吹いてきて、うさぎだとばれてしまいました。さぁ大変!月夜のうさぎに助けを求めます。さて、この後一体どうなるのでしょうか?

 メルヘンあふれる、優しいお話です。月夜のうさぎに興味のある子には、特に嬉しいお話。ぜひ、読んでほしいです。

 

まとめ

 子どもたちの、興味をそそる事間違いなしの、3冊をご紹介しました。絵を眺めるだけでも、楽しいですね。

 ここから、親子や友達同士の会話が広がっていけばよいなと、思います。