asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと日常で気になったことを発信する雑記ブログ

生き物が気になる5歳6歳に、この絵本はいかが?6選!

 動物や魚について、興味を持つ子どももいるのではないでしょうか。どんどんと知識が増えて吸収していく時期。

 そんな時期に、もう少し詳しく知る機会を持ってみてはいかがでしょうか?

 

1.イワシ むれでいきる魚  大片忠明・作

 表紙から、リアルなイワシの顔のアップです。口を開けているイワシもいるので、口はこうやって開くんだと驚くのではないでしょうか。

 

 イワシって、キラリと光るんですよね。イワシが食べるプランクトンってなあに?そのプランクトンが、絵に描かれているため。あぁこれを食べるんだとわかります。

 鳥が海に潜ってイワシを捕まえる様子も、リアルに描かれています。大迫力!

 イワシは群れになって、食べられないように泳ぎます。クジラがイワシを食べたり、網に捕まってしまったり。

 

 イワシが卵を産む時は、神秘的です。卵から赤ちゃんが出てきて、大きく成長するまで危険をかいくぐり、生き延びるのは大変な事とわかります。

 

 お魚が苦手なお子さんもいるでしょう。ぜひ、そんな時に読んでほしい一冊です。

 

2.アザラシに会いたい  写真・寺沢孝毅

 アザラシって、丸っこくて目がクルクルしていて、かわいいですね。ごろんと岩の上で日向ぼっこをしている姿は、愛くるしいです。

 

 水中では後ろ足を上手に使って泳ぐ姿が、写真で見ることができます。

 水面からちょこんと顔をだしたり、流氷の上で横たわる赤ちゃんが、もうすぐ独り立ちする説明が載っています。

 

 写真を見るだけでも、動物を愛おしく思えるこの本。アザラシのことが、余計かわいく思えますよ。

 

3.ワニのへやのおおそうじ  あべ弘士・作

 動物園の飼育係が、困った出来事を語っていきます。

 ワニの担当になり、ちょっぴり怖いけれども、ワニが快適に過ごせるように部屋の温度を暖かくしたり、1週間に一度の餌やりは生肉に突進してくるから大変な事など、知らない事ばかりなので読んでいて面白くなりました。

 

 今度、動物園でワニを見たら今までとは違った見方をするのかなーなんて、思います。

 ワニの部屋のガラス拭き、私はやりたくないなーと思いました。飼育係さんは、頑張ってますね。

 動物園に行く前に、ぜひ読んで。

 

4.おいだらやまのくま  米田一彦・文  田中豊美・絵

 くまが生きるために、他のくまに牙でかみついて追い払ったり、食べ物を必死で探して食べたり。冬を越すのために、穴に入ります。そうです、冬眠ですね。

 出産をして子育てしながら、くまは食べ物を探します。くまが食べた物はフンとなり、フンの中のヤマザクラのタネから若芽がでます。

 くまは森を育て、森はくまを育てる。くまの一年を知ると共に、森の恵みを感じられる絵本ですよ。

 くまについて知りたいなら、この絵本をおススメします。

 

5.おいだらやまのよる  

米田一彦・文  田中豊美・絵

 おいだらやまが夜の闇に包まれると、モモンガが活動を開始して、さるなしの実を食べます。でも、襲われないように耳をまわし、目を光らせながら。

 

 夜の闇の中であかねずみやきつね、うさぎやてんなどたくさんの動物が活発に動いており、獲物をとったりしている様子をリアルに描いています。

 

 結構迫力があって、獲物を追うもの、逃げるもの。生きているのを実感します。

 

6.とりよ、とり  かなざわめぐみ・作

 男の子が豆をまくと、どこからともなく鳥がやってきます。そして、どんどん鳥は集まってくるのです。

 

 豆をまきながら、男の子も一緒に豆を食べる時があります。思わず笑ってしまいました。

 たくさんの鳥に餌をやり、そのまま家の中まで連れてきてしまうんです。

  男の子は鳥の目を見ているうちに、何と鳥たちの住む広い世界を見たのです!豆を食べ終えると、鳥たちは大空へと羽ばたいていったのでした。

 さて、男の子は何を思ったのでしょうか?

 羽ばたいて広い大空を翔べる鳥は、素敵だなと思います。

 

まとめ

 動物や魚の図鑑に、興味を持ったりする頃ですね。これらの絵本は図鑑とはまた違って、ストーリーになっており動きもあるので、より生態がわかるかと思います。

 面白いと思ってくれたら、嬉しいですね。