asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと、猫や海水魚の事、日常で気になったことを発信する雑記ブログ

お誕生日の日や、産まれた時について聞かれたら。読んであげたい絵本

 お誕生日はなんだか近づいてくると、とってもワクワクしますよね。

 

 みんなから「おめでとう。」なんて言ってもらえたり、もしかしたらプレゼントをもらえるかもしれません。

 

そ~んな特別な日に、ぜひ読んでほしい絵本を選びました。

 

 「あやちゃんのうまれたひ   浜田桂子 作・絵」を読んで。

 


あやちゃんのうまれたひ (こどものとも絵本) [ 浜田桂子 ]

 お誕生日の日は、特別ですよね。産まれた時のことについて、子どもからどんな風だったの?と聞かれた事はありませんか?

 

 この絵本は、もうじき6歳になるあやちゃんが、産まれた時のことをママに聞く事から、始まります。

 

 ママが産む直前から、回想シーンとなります。人それぞれ、赤ちゃんを迎える準備をして、カレンダーを指折り数えて。

 

 そんな風にして、たくさんの思いが集まってあやちゃんが産まれてきたのよと、ママとあやちゃんのやりとりが、とっても素敵なお話です。

 

 ぜひ、お誕生日の日やお誕生日が近くなったら、読んでほしいです。また、産まれた時のことをお子さんに聞かれたら、ママはこうだったよと教えてあげてください。

 

 始めから終わりまで、優しいタッチのイラストなので、ほんわかと心が温まりますよ。おススメです!

 

2.ノンタンのたんじょうび キヨノ サチコ 作絵

 


ノンタンのたんじょうび (ノンタンあそぼうよ) [ キヨノサチコ ]

ノンタンが、うさぎさんに声をかけます。「うさぎさん、なにもってるの?」

 でも、うさぎさん達はノンタンには内緒と言って、行ってしまいます。

 

 ぶたさんも、たぬきさんもみーんな同じです、ら終いには、皆が集まったお家にも入ってはダメと言われてしまいました。

 

  覗こうとしたら、逆におどかされて一人でつまらないと、丘に座っていると...。

 

 皆がやってきて、ノンタンに目隠し。目隠しをとると、ノンタンのお誕生日会だったのです!

 しかも、クッキーはノンタンの顔ばかり。お誕生日おめでとう。

 

 直線ではない、いかにも手描きとわかるノンタン達の絵。そこが、味があってよいのですよね。長く愛されるのは愛らしい絵だからなのと、子ども達の日常で起こる身近な出来事だからでしょうね。

 

 最初と最後のページには、ノンタンクッキーの作り方がわかりやすく絵で載っています。しかも4通りの作り方!これは、必見ですよ。おいしそう!

 

 ぜひ、お子さんと一緒に作ってパーティーをしてみては、いかがでしょうか?おススメです。

 

まとめ

 

  お誕生日の日は子どもにとって特別ですが、それはお母さんにとっても特別な、大切な日なんですよね。

 

 お祝いされて素直にうれしく感じたり、生まれた時はどうだったのかしら?と漠然と思う子もいるかもしれません。

 

 お友達との会話の中でも、「私が生まれた日は雨だったんだってー。」「なかなかお腹から、出なかったんだってー。」なんて聞くと私の生まれた日は、お天気どうだったのかしら?と知りたくなるものです。

 

 そんな時、ぜひ読んであげてほしいなーと思いました。

 おススメです。