asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと日常で気になったことを発信する雑記ブログ

4歳から読んであげたい絵本。2選!

 4歳くらいになると、記憶力もついてきて理解力も高まってきます。長いお話を好んでせがむように、なってきます。

そんな頃におススメしたいのが、これらの絵本です。あたたかくて、メルヘンチックなお話は、いかがでしょうか?

 

1.「わたしのおうち  作・神沢利子  絵・山脇百合子」

  お家を作るごっこ遊び、小さな頃はたくさんの子供たちが憧れますよね。この絵本の主人公「わたし」は、ダンボールでお家を作ります。

 窓を作ったり、カーテンをつけていると弟がやってきます。マジックで壁に絵を描いたら、怒られてしまいました。

 わたしは、お家の場所をお引っ越しします。おままごとを広げていると、、、うさぎさんがやってきて、次にきつねさんがやってきます。賑やかなお茶会になります。さて、続きはどうなるのでしょうか?

 可愛らしいお話です。そして、山脇百合子さんの絵は、よくみかけるので誰もが知っている親しみのある絵で、私は大好きです。

 絵が、お話を更にほんわかさせていて、とっても素敵。一押しです。

 

2.こびとのくつや  原作・グリム  文絵 いもとようこ

 この原作を知る方は多いのではないでしょうか。絵がいもとようこさんなので、とても温かい雰囲気があり、癒されます。こびとはニコニコしていて、体型がふっくらしていて優しさを醸し出しています。

 働き者の靴屋のおじいさんとおばあさん。段々と貧しくなり、とうとう靴一足分の革だけになってしまいます。明日、ゆっくり最後の一足を作る事にして眠りにつくことにしました。起きてみると、何と靴がもう出来上がってるではありませんか。しかも、見事な出来栄えで!

  お客さんが入ってきて大層靴を気に入って、高値で買ってくれたのです。そのお金で靴屋は革を買いました。

 すると、また朝には2足の靴が出来上がっているではありませんか。またそのお金で革を買い、切っておくと翌朝には靴が出来ているのです。それも全て見事な出来栄えで!

 そこで、靴屋は誰が靴を作っているのか知りたくなります。真夜中になると裸のこびとがどこからともなく現れてきて...

 さあ、一体続きはどうなるのでしょうか?あなたはこの続きを、知りたくありませんか?

 

まとめ

 いかがでしたか?読んでいて楽しい気持ちになったり、次はどうなるのかな?とワクワクした気持ちになれるこの2冊の絵本。あなたも子供と一緒に、ワクワクしてみませんか?おススメです!