asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと、猫や海水魚の事、日常で気になったことを発信する雑記ブログ

猫が出てくるミステリーは、やっぱり柴田よしきさん。猫探偵正太郎の冒険にワクワク!

さんf:id:asagikun:20190607204447j:plain

 園田の飼う猫の正太郎が、様々な形で事件に関わります。

 

 正太郎は室内飼いではなく、自由に外出できるのでふらっと防災林に遊びにいくので、飼い主も安心なのです。

 

 猫探偵正太郎の冒険の第5巻。

 


猫は毒殺に関与しない 猫探偵 正太郎の冒険 5 [ 柴田よしき ]

・猫は毒殺に関与しない

 3部からなるのだが、私は1部のタイトルと同じ「猫は毒殺に関与しない」が好きだ。

 

 ある人を遠隔操作でどうにかしようと考えます。ワインに毒を入れたとしてもその場にいなければ、死ぬ瞬間を見なくてすむ。

 

 ただ、四方幸江の家に行ったことがないから下見をしないと。というわけで、鍋パーティーをすることに。

 出版社ハヤブサ書房の編集者、北山明美。他4人の作家たち。作家のリアルな姿も垣間見れて、面白いですよ。

 

 さてセキュリティがしっかりしている家の中で、毒を仕込むことはできるのか。

 そして、ターゲットが必ず毒入り餃子を食べるように考えた案とは一体?

 

  その方法、あなたは知りたくありませんか。

 

 餃子を食べた後、ゆかりが救急車で運ばれた。果たして成功したのか。

 

 桜川ひとみの推理を織り交ぜながら、意外な結果に。あなたはこれを見逃さない方がよいですよ。

 

・猫は三日ですべて忘れる

 富貴は鳥が好きだ。猫はどちらでもないが、白黒の猫は、富貴の部屋を覗いている。

 

  颯太が来るときには決まってあの猫が枝に座っているのだ。

 颯太と結婚するはずだったのは富貴だったが、叶わなかった。

 

それなのに、颯太は富貴の家に来る。いわゆる不倫だ。そして猫が見ているのである。颯太の妻、珠美の想い。

 

 ある夜、颯太が富貴のベランダに、木の枝をつたっていこうと考えた。そして、その木の上で、猫にあう。

 ベランダに行こうとした瞬間、枝が折れて颯太は亡くなってしまいます。

 

 事故で亡くなる瞬間を見ていた富貴と珠美。

 二人のとった行動とはいかに?

 

 思いもよらない行動、あなたは知りたくありませんか。驚きですよ。

 

・正太郎、恋をする

 

 ある女性が帰路、ストーカーに追いかけられます。始めは気のせいかと思っていたのですが、コースを変えてもついてくる。

 

 そうだ、あの防風林でまいてしまえばよいのだ、これはよい考えだと思い行動に出ます。

 そして、正太郎は、きれいな人の足だなとみとれます。

 

 防風林で遊んでいると、女の人のあとをつけているかのような男の人を見つけるのです。

 

 胸がときめいたことを、雉虎三毛のアンコに話します。茶虎白のキナコが「正太郎って、女を外見で判断するのね。なんかがっかり」という台詞には、思わず笑ってしまいました。

 

 さて、ストーカーとは一体誰で、何の目的があるのか。また、正太郎の生涯三度目の恋の行方は一体?

 

 

まとめ

 柴田よしきさんは、猫探偵以外の本では料理に関する小説を書かれており、そこにとても人間味のあふれる姿を描かれているので、共感しやすいです。

 

 料理はおいしそうですし、上記の本では私の大好きな猫がしゃべっているので、面白いですよ。

 ぜひこのミステリーはお勧めです。