asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと、猫や海水魚の事、日常で気になったことを発信する雑記ブログ

クルマ好きな子には、この絵本が持ってこい!働く車の絵本3選。

 働く車が好きな子は、たくさんいますよね。

 有名な働く車の歌があります。歌っている中で、歌詞と車がリンクした時の輝くようなお顔!

 本当に生き生きしてて、見ていてこちらも思わずにっこりしてしまいます。

 

 そんな男女問わずに、車好きな0〜2歳のお子さんにおススメです!必見ですよ。

 

1.とびだす!はたらくくるた ポップアップおはなし絵本    永岡書店

 

 しかけ絵本で、かなり立体に飛び出すので迫力満点です!

 

 ショベルカーは、何とアームの部分が動くんです。なかなか、かっこいいですよ。動かしすぎるとアームが破れたり、壊れたりします。

 

 絵本を出す前に、アームの所を幅広透明テープなどで補強してあげてください。

 長く遊べますよ。他のページも同様です。

 

 ブルドーザーは、かなり上手く作って折りたたんでいるなーと、絵本を読む度に関心してばかりです。

 ホイールローダー、トラック、クレーン車は皆で力を合わせて、最後には大きなビルの完成です!

 

 それぞれの車の、お顔がかわいらしくて愛着がわきますよ。

 迫力ある働く車の絵本、いかがですか?虜になること、間違いなしですよ。

 

2.とびだす・ひろがる!のりものえほん   古川正和 作・本信公久  絵

 

 始めのページは、清掃車。身近な働く車ですよね。

 この絵本もしかけになっているんです。何と、清掃車がダンプカーに変身!

 そして清掃車のイラストの下には、garbage wagonというように、英語が書かれているんです。

 今度はしかけをめくると、フォークリフトがトラックに!変身を見るだけでも楽しいですね。普通とは違う、ちょっと変わったしかけで面白いです。

 

ピーポー、ウーウーなどパトカーや救急車のサイレンの音も、色のついた大きな字で書いてあるので、わかりやすいです。

 

3.ものしりのりものずかん  作・絵/のぶみ   ひかりのくに

 

 車のシルエットだけのページも、あるんです。写真でたくさんの乗り物が載っていて、見ていて楽しいです。

 そのうち、シルエットだけで何の車かわかるかも?

 

 オフロードダンプトラックやクローラーキャリア、熱気球に飛行機など色々載っていて、絵もかわいいです。

 イラストも、とってもかわいいですよ。

 

まとめ

 

 車が飛び出たり、変身したりとワクワクしながら読めると思います。

 段々と車の種類がわかってきて、本物の車に出会うと嬉しくて興奮しそうですね。