asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと、猫や海水魚の事、日常で気になったことを発信する雑記ブログ

夏にぴったりの絵本!ばばばあちゃんシリーズ厳選3冊!

全て《こどものとも》傑作集   さとうわきこ 作・絵

 

1.やまのぼり

 これは春のお話ですが、夏に山登りに行く人も多いかなと思って、選びました。

 「天気もいいし、山登りでもするか。」ねこといぬは、「大賛成!」と大喜び。

 たくさんのお菓子やお弁当、水筒を運んでいると、森の皆も「嬉しいな」と、運び出した。

 なぜなシャベルにとんかちまで、、、思わず読んでいて、クスッと笑ってしまいました。

 

 ばばばあちゃんは「持っていけるわけないじゃないか」と言ってたら、なななんと名案が浮かんだのです。しかも突拍子もないことが。

 

「遠くに行かなくたって、山をこっちに作っちゃえばいーじゃないか。」と。

 

 カーテンを縫いあわせて、屋根の上から広げてステキなお山の完成です!

 山の上で、いい景色を見ていたらお腹も空いて、眺めながらお弁当たいむ。気分は最高。

 テントにたきぎ、花火を上げて。

ばばばあちゃんはテントで眠った。グーグーガーガーゴーゴーという、うるさいいびきに皆家に帰って眠りました。

 

2.すいかのたね

ばばばあちゃんは、庭にスイカの種をまきました。それを見ていたネコ。種を掘って「なあんだ、つまらない」と元のように埋めました。いぬが見ていて、地面をほじくり「つまらん。」

元のように埋めました。それを見ていたうさぎも同様。きつねが元のように埋めた時、見ていたのはばばばあちゃん。

 

 種がガチガチ ギチギチいったのです。地面を掘ると「なあんだ、すいかのたねか」すると、すいかのたねは怒なったのです。

 「芽を出すのはやめだやめだ!」「いつまでもお前さんがぐずぐずしてるから」種は頭にきてピューンと芽を出してどんどん伸びたのです。

 

 たちまち部屋の中まですいかが、いくつもできた。

ばばばあちゃんがすいかを切ると、「これでもくだらんだねかい。え!」怒鳴られました。めでたく美味しく食べました。

 

 

3.どろんこおそうじ

 こいぬと子猫が、部屋を散らかしてます。こねこは「お掃除なんて、簡単。」と、ほうきを振り回して、しまいには野球になってしまいました。

 

 雑巾が庭に飛んで、何と人参を食べようとしていたうさぎの口の中へ!

 怒ったうさぎは雑巾を投げ返し、こいぬがそれを打ち返すと今度はきつねのヒゲの手入れ中に、命中。

 雑巾を投げ返すと、また打ち返さろ森のたぬきの所へ。

くまやリス、さるまでも被害にあいケンカになってしまいました、

 バケツをひっくり返してどろんこの泥まみれに。

 ばばばあちゃんが見ていて「面白そう。私も」と、遊びにきました。ばばばあちゃんがどろんこで遊び始めると、皆すっかりあきれてケンカをやめ帰ってしまいました。

 ばばばあちゃんがどろんこ遊び中、いぬとねこは部屋を片付けます。夕ごはんまだ?と聞きに行くと、山盛りの泥のおだんごが、夕ごはんと言われてしまいました。

 あーあ。

まとめ