asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと、猫や海水魚の事、日常で気になったことを発信する雑記ブログ

警察組織の闇も描く!柴田よしきの新タイプの警察ミステリー。

f:id:asagikun:20190621132927j:plain

  「RIKO〜女神の永遠〜」柴田よしきの小説を、是非ともご紹介したいと思います。

 

 なぜご紹介したいかというと、この小説は犯罪だけではなくて警察組織の闇をも描いているからです。

 警察組織は見事な男性社会である事を、この小説を読んで初めて私は知りました。

 もちろんノンフィクションですが、はっきり言ってショックでした。

 


【中古】【古本】Riko 女神の永遠/柴田よしき/〔著〕【文庫 角川書店】

その男性社会の組織の中で、必死に生きていく女性にとっては、こうもむごい事ばかりなのでしょうか。

 美人であるがゆえの理不尽さに、苛立ちを感じると共に現実を思い知らされる、そんな一冊なのです。

 

 女性刑事の村上緑子のチームでは、ひょんなことからある裏ビデオを押収したのでした。そこに映る美しい少年が男性達にレイプされ、殺されていくという悲惨すぎる様子が映っていたのです。これは、まさしく犯罪そのものの記録でだったのでした!

 一体誰が、何の目的でこのシーンを撮影をしてビデオに残したのでしょうか?美しい少年は誰であり、どうしてこの様なめに合わされてしまったのでしょうか?疑問がどんどん湧き、捜査を進めていく緑子のチーム。段々と真相の闇に迫るうちに、どうしたわけなのか緑子の周りの大切な人達が居なくなっていく恐ろしさ、、、。一体、緑子の周りで何が起こって、そしてうごめいているのでしょうか?バックにいる人は一体全体誰なのか?

 巨大な警察組織の中では、自分一人だけの力ではどうする事もできない悔しさには、共感できます。そして、自分の味方であると信じて疑わなかった人からの、裏切り行為。自分が女性である事に嫌気がさし、仕事中は常に目立たないようにと、とにかく地味に過ごす麻里。そして、緑子の周りの何とも身勝手な男達の多いことといったら!女性を都合よく扱っているあたりは、都合よく使うものとしか考えていないあたりは、本当に虫唾が走ります。そんなどんよりとした気持ちのまま、読み進めていきました。後半は読んでいてスピーディーな展開が待ち受けています。

 徐々に捜査を進めていくうちに、次々とわかっていく事実。そして緑子はやっとの事で、驚愕の真相にたどり着くのです。一人で巨大な組織に立ち向かっていった緑子が、思いもよらなかった形で知ったその真相とはいかに?果たして緑子はその時どういった行動をとるのでしょうか?

 あなたは、この続きを知りたくありませんか?

 第15回横溝正史賞を受賞作品。新タイプの警察小説。必見です。