asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと、猫や海水魚の事、日常で気になったことを発信する雑記ブログ

0歳1歳のお子さんに。お勧め絵本厳選4冊。

 赤ちゃんの頃、ふわふわっとしたあたたかい肌触りや、やわらかい感じのする絵本は、いかがですか?

 おススメです!

 

1.ふわふわだあれ  いりやまさとし

 ふわふわした所が、実際に触れて遊べる絵本。

 

a_id=1625995&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616&url=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14273888%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F18049978%2F" rel="nofollow">
ふわふわだあれ? (NEWぴよちゃんとあそぼ!) [ いりやまさとし ]

 ふわふわっとした感触って、子どもは大好きですし安心する材料になりますしょね。

 

 ふわふわが、かわいいひよこのぴよちゃんのおなかだったり、ねこさんや犬さんのからだだったりと、毛の色もそれに合わせてあって、イメージしやすいですよ。

 

 一緒に「なでなでねー」などと、優しく言いながら触ってみてはいかがでしょうか。

 

 最後は、馬のしっぽですよ。面白いです。

この感触、たまりません。

 

2.はじめてのこぐまちゃん どうぶつ    わかやま けん


どうぶつ (はじめてのこぐまちゃん) [ 若山憲 ]

 ひよこやうさぎが、一つのページに一種類ずつ描いてあります。

 

 背景がきれいな一色なので、動物がわかりやすくて、あかちゃんでも理解しやすいと思います。

 動物の輪郭は、太い黒色でかこってあるのも、優しいですね。

 

 親しみのある動物たちがのっているので、動物園に行く前にも行ったあとにもよさそうです。

 

 また、動物の歌もたくさん出ていますので、テレビ番組やCDで歌を聞いたあとに、「さるさん、一緒だね」と会話にもつながりますし、実物と絵がリンクしやすいですね。

 

3.ふしぎなナイフ  中村牧江/林健造 作  福田隆義 絵

 子ども達に、絶大な人気を誇る絵本です。

 


ふしぎなナイフ (こどものとも絵本) [ 中村牧江 ]

 なぜだか、いつも取り合いになる絵本。

 子供たちにとっては、かなり魅力的な絵本のようです。

 

 ナイフは、お食事のフォークやナイフのナイフです。

 

 このナイフ一本が見開き1ページに描かれています。

 ナイフの先が曲がった絵と、自派「まがる」と書いてあります。

 

 言葉を覚えるのにも、ちょうどよいですね。

 

 ねじれる絵は、やはり魅力的だったり不思議なようです。

 

 折れる、溶ける、ほどけるというあたりが、やはり面白さを感じるポイントではないでしょうか。

伸びたり、膨らんだり。

 

想像力を掻き立ててくれる、そんな絵本だと思います。

 

4.ごろごろ にゃーん 長 新太 作/画

 


ごろごろにゃーん (こどものとも絵本) [ 長新太 ]

 大きな飛行機が印象的な絵本。

 長さんの絵本は、猫が主役ですよね。

 

 もちろんこの絵本は飛行機の中も、ボートにも猫だらけ。

 

 なぜか、惹きつけられます。

 

 面白いのは、魚がぶら下がっていたり、くじらに食べられそうになりながらも、飛んでいきます。

 

 だんだん飛行機が魚(トビウオ)に見えてくるのは、私だけでしょうか。

 

 猫の天敵も出てきますよ。

 

 緑や青、黄色黒だけで描いているように見えます。

 

 他の色が邪魔しなくて、夢中になって読めること、間違いなしl

 

まとめ

 初めての赤ちゃんには、ぴったりの絵本。

 ぜひ、おススメします。