asagi diary

浅葱色が好きな筆者が、夢中になる絵本や小説のこと、猫や海水魚の事、日常で気になったことを発信する雑記ブログ

うきわねこ 2011年絵本屋さん大賞受賞作品

うきわねこ 蜂飼耳 文・牧野千穂 絵

 


うきわねこ [ 蜂飼耳 ]

優しいタッチの絵が、心惹かれます。

 

日曜日のお昼に、おかかおにぎりを食べているこねこちゃんのえびお。

玄関には宅配便。「えびお おじいちゃんからよ」今日はえびおの誕生日、

 

「あら、うきわだわ」「浮き輪って何?」今度はお父さんが答えます。「水にうかぶんだよ。これにのってね。」

どうして浮き輪なんてくれたのでしょうか。海も川もプールもありません。

 

箱の中には手紙も入っていました。えびおは二人には内緒でポケットに入れます。

「特別な浮き輪です、次の満月の夜を楽しみにしていてください。それまで大事にね」と。

 

次の日、浮き輪を膨らまして、体を通したままおもてへ飛び出します。

「貸して」

大きな木のかげで、空気をぬきました。満月の夜までかくしておこう。

 

それから、毎日のように空をみあげます。

 

やっと満月の夜。お母さんとお父さんがぐっすり眠ってからベッドを抜け出します。

空気をどんどんいれます。

 

ぱんぱんにふくらんで、えびおはベランダにでてみました。

その時です。両足がぶらんと宙に浮いたのです。

まるで月に引き寄せられるようです。

 

名前を呼ばれてみると、別の浮き輪がとんでいます。

なんとおじいちゃんではありませんか。

「よく来たね」

 

空では、翼のある恐竜とすれちがったり、ヘリコプターとすれちがったり。

「海だ」「ぼく、はじめてだな」

釣りをします。

 

釣れたのは、みたこともない大きな魚です。

浜へ引っ張り上げて、焚火をします、「いただきます」

 

「えびお、こんばんのこと ずうっと忘れないでいるんだよ。大きくなっても忘れないでね」

「この浮き輪は、明日から普通の浮き輪になってしまうよ。一度しか飛べないんだ」

 

えびおは、おじいちゃんと空の上でわかれました。

家に入ると、浮き輪はしぼみました。

それから、とても幸せな気持ちでベッドにもぐりこみました。

 

最後のページの、すやすやと幸せそうに眠るこねこのえびおが、印象的でした。

ファンタジーあふれるこの作品。

ぜひ、おススメですよ。